太陽光発電・蓄電池システム

自家消費型 太陽光発電システム

自家消費型太陽光発電とは、売電を目的とせず発電した電力を家庭や企業が消費する仕組みのことをいいます。
現在、FIT制度における買取価格が下落する一方で、電気料金は高騰が続いており、電気を売るよりも使う方が、電気を買うよりも作って使う方が得になる、との考えにより自家消費型太陽光が注目されています。
電気料金の削減に役立つだけでなく、節税対策に利用できるといったメリットもあり、蓄電池と組み合わせることでより効率的な利用も可能となります。
さらに、災害時の非常用電力としても活用できるなど、自家消費型太陽光発電システムは、様々な活用方法が期待されています。

自家消費型 太陽光発電システム

  • 学校法人(千葉県)

自家消費型 太陽光発電・蓄電池システム

  • 久伊豆神社(川越市)
  • 学校法人(仙台市)
  • 淀川河川敷 太陽光蓄電システム

自家消費型 太陽光発電・蓄電池システム デマンド監視付

  • 自家消費型 太陽光発電・蓄電池システム デマンド監視付

    スマートパワーシステム愛川工場にて導入予定

独立型 太陽光発電システム

独立型太陽光発電システムとは、電力会社の送電系統と繋がっていない太陽光発電システムの事で、”オフグリッド”とも言われます。
主に、小電力向け電源や非常用電源として活用されております。

公園のベンチに内蔵の独立型太陽光発電・蓄電池システム(横浜市)